MID関数 / Right,Left関数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

mid関数はとにかく便利な関数です。

下記の様に記述します。
=mid(抜き出す前の文字列、開始の文字数、抜き出したい文字数)
 
 
この様に書くことで、元の文字列から任意の文字列を書き出すことが出来ます。
 
 
 
では実際にこの句から、任意の文字を抜き出してみたいと思います。
有名な百人一首ですね。A1セルに入っているとします。
 
 

このたびは ぬさもとりあへず たむけやま もみぢのにしき かみのまにまに

この文から「たむけやま」だけを抜き出したい場合、
全角の空白を無視した場合は、この様に書けます。
=mid(A1,14,5)

ただ、実際は全角の空白が入っているので、
SUBSTITUTE関数でこの全角の空白を取り除けばよいですね。
A2セルにこの様に書きます。
=SUBSTITUTE(A1,” ”,””)

その後、A3セルに、下記の様に書けばいいですね。
=mid(A2,14,5)

入れ子にした場合は、ちょっと可読性が下がりますね。
=mid(SUBSTITUTE(A1,” ”,””),14,5)

他にも例題を解いてみましょう。

郵便番号をxxxxxxxの形式からxxx-xxxxにするには
どうすればよいでしょうか?

パッと思いつくのは、
1) mid関数
2) Right関数 & Left関数ですね。

では実際にエクセルで練習してみましょう。
下記エクセルをダウンロードして下さい。
https://www.dropbox.com/s/k7oadp5f6y3beyk/Mid%E9%96%A2%E6%95%B0%E7%B7%B4%E7%BF%92%E7%94%A8.xls?dl=0
 
 
D1セルに貼りつけた場合を解説します。
最初の3文字は簡単ですね。
=mid(D1,1,3)
=302

そこでこう思った人も多いはず。
あれ?このあとどうするの?と。

この後は、1セルに1関数を入れる場合は、
このようにします。

文字と文字は「&」を使ってつなげることができます。
 
 
少し慣れたらこのように書くことができるように
なります。
文字列の最後尾を含む場合は、
数を数えるのが面倒なので、
=mid(x,x,999)のように、明らかに大きな数字を
使っても大丈夫です。


 
 
同様に、LEFT関数とRIGHT関数を使っても書くことが出来ます。

ただ、Right関数とLeft関数は、右端と左端からしか文字列を取得できないので、
やっぱりMid関数のほうが使いやすいです。

最後に、オートフィルで完成です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA