【アンケート結果】 中級者以上のエクセル上達法はたった2種類だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは!カフェインレスです。

今回はエクセルの上達&習得法を、中級者以上の人に対してアンケートを行ってみたので、
その結果をシェアしたいと思います。
 
 
ある程度、仮説を立ててアンケートを行っていたのですが、ここまで面白い結果が出るとは思っていませんでした。
 
 
ぼくは滅多に自分のハードルをあげないのですが、
ハードルを上げるだけの結果が出ているので、
ぜひ続きを読んでみてください。
 
 

アンケートの内容

ぼくが行ったアンケートは下記の通りです。
対象者はエクセル中級者以上を対象としています。

エクセル中級者以上の定義は、「エクセルを触ることに抵抗が無い」こととしています。

1.どうやってエクセルが使いこなせるまでに勉強(?)しましたか?
2.エクセルを使い始めたきっかけは何ですか?
3.使いこなせるのは、関数だけですか?それともVBAも使えますか?
4.周りにエクセルやプログラミングの得意な人はいましたか?
5.エクセルの使えてる自分と使えていない自分だったら、人生は変わってたと思いますか?
6.エクセルが使えたことで得した事はありますか?

初心者の人は自分だったらどう答えるかな、と少し考えてみてください。
 
 
 

回答抜粋

さっそく回答をお見せします。
ただ、30件超の回答を頂いているので、一部のみです。

そのうち全回答を開示するページを作成しますので、しばらくお待ち下さい。
 

回答1

1.どうやってエクセルが使いこなせるまでに勉強(?)しましたか?
・業務でエクセルを使わざるえないので、とにかく触って知る、使って覚えるという実践形式で学んだ。会社の新入社員用のエクセルセミナーも受講したが、習うより慣れろであったと感じる。実際に仕事で使う方が覚えようとする緊張感が高いので、覚えも早まったと思う。

2.エクセルを使い始めたきっかけは何ですか?
仕事で

3.使いこなせるのは、関数だけですか?それともVBAも使えますか?
関数のみ

4.周りにエクセルやプログラミングの得意な人はいましたか?
関数のみなら沢山いた

5.エクセルの使えてる自分と使えていない自分だったら、人生は変わってたと思いますか?
仕事の評価は変わっていたと思う

6.エクセルが使えたことで得した事はありますか?
社会人としての基本スキルを持てているという自負にはなった。
 

回答2

1.どうやってエクセルが使いこなせるまでに勉強(?)しましたか?
市販の本を購入して独学でやろうとしましたが、全く理解できませんでした。が、事務の仕事を始めて使わざるをえなくなり、業務をこなすうちに段々使えるようになりました。私の場合は経理だったのでエクセルを使えないと仕事にならず、ほとんどが自分でネットで調べた知識です。

2.エクセルを使い始めたきっかけは何ですか?
経理だったので、社員の給料の管理やスケジュール管理を行う為、どうしても必要でした。

3.使いこなせるのは、関数だけですか?それともVBAも使えますか?
関数のみ

4.周りにエクセルやプログラミングの得意な人はいましたか?
いましたが、色んな人から聞かれていつも忙しそうだったので、私は聞けませんでした。

5.エクセルの使えてる自分と使えていない自分だったら、人生は変わってたと思いますか?
変わっていたと思います。使えることにより、仕事や人生の幅が広がります。

6.エクセルが使えたことで得した事はありますか?
今まで誰も手を出さなかった業務の表を作成することにより、目に見えて効率化出来ました。
 

回答3

1.どうやってエクセルが使いこなせるまでに勉強(?)しましたか?
今の会社に入社した時、何回も同じ作業をするためどうにか簡単に仕事ができないかと色々調べた結果、エクセルで定型をつくるのが一番だと感じ、図書館でエクセルの本を借りて勉強したのが始まりです。そのファイルを他の人にも提供したら色々任されるようになったので、より高度な内容を独学で勉強しました。

2.エクセルを使い始めたきっかけは何ですか?
同じ計算式だけど内容が違う仕事をどうにか簡単にできないかと思い勉強を始めた。

3.使いこなせるのは、関数だけですか?それともVBAも使えますか?
VBAもかける

4.周りにエクセルやプログラミングの得意な人はいましたか?
当時はいなかったが4年後に得意な人と同じ職場になった。

5.エクセルの使えてる自分と使えていない自分だったら、人生は変わってたと思いますか?
絶対に変わっている。

6.エクセルが使えたことで得した事はありますか?
会社の上層部の人から一目置かれるようになり、現在は本所で指導の立場で仕事をするようになった。
 
 

回答4

1.どうやってエクセルが使いこなせるまでに勉強(?)しましたか?
高校の授業の一環でパソコンをしている時にエクセルを主に授業でしていたのですが情報処理という資格があることを知り一つでも資格が何か欲しかったので選択の授業でも三年間、情報処理の授業を選択したりその授業で貰った問題を家に帰って再度してみたりしました。家でも親が自営業でもあるのでエクセルが必要になりネットで検索して自己流で勉強したりしました。

2.エクセルを使い始めたきっかけは何ですか?
高校の授業です。

3.使いこなせるのは、関数だけですか?それともVBAも使えますか?
関数のみです。

4.周りにエクセルやプログラミングの得意な人はいましたか?
学校の先生のみです。

5.エクセルの使えてる自分と使えていない自分だったら、人生は変わってたと思いますか?
変わっていたと思います。エクセルが使えるだけでも計算が楽になったり自営業されている方は特に便利だと思います。実際に親の役に少しでも立てていると思うのでそう思います。

6.エクセルが使えたことで得した事はありますか?
今まで人に何かを頼まれることが少なかったのでがエクセルなどは頼むと言われた時は何か役に立てれて良かったですし得したと思います。
 
 
>> 他の回答も見てみる

アンケートの結果から

アンケートの結果はいかがでしたでしょうか?
結果は別の記事で全て掲載していますので、回答をいくつか読んでみてください。
 
 
アンケートの結果のなかで注目して貰いたい回答は第1問と第6問です。
第1問では、どうやってエクセルを使えるようにしたかを聞いています。

ちなみに、「勉強(?)」と書いたのは、ぼく自身はあまり勉強した認識がなかったからです。

結果の集計です。
目の前の業務に取り組んでいたら・・・6割
人に教えてもらった(授業を含む)・・・3割
本で勉強した・・・1割以下
 
 
上記の通り、エクセルに抵抗のないと言っている中級者のほとんどが、
エクセルを使えるようになったのは、
「目の前の業務をこなす」、「人に教えてもらう」だと回答しています。
 
 
また、第6問の回答にも注目して頂きたいのですが、
ほとんどの人が、エクセルが使えたことで得をしていると感じています。

さらに、エクセルが使える事で周りに「承認」されている(認められている)、一目おかれていることも分かります。
中には、女性と仲良くなったきっかけにもなったという人もいました。
 
 
少し話は変わりますが、あなたはより英語ができる人に対して、どの様に思いますか?
また、自分より学歴を持つ人に対してどう思いますか?

自分より秀でている→この人すごいな、と思うのではないか、と思います。
 
 
対してそうですね…スキーのジャンプとか、カーリングに対しては
どう思いますか?
 
 
すごいですけど、すごすぎて意味わからなくないですか?
スキージャンプなんて、まず怖くないの?から始まりますよね。

カーリングも見てて面白いんですけど、あの選手の人みたいにカーリング上手くなりたい!
とはならないと思うんですよね。
 
 
英語とか学歴とかは、なんか凄いなー、となって、スキージャンプとか
カーリングとかは、それはそれで凄いけど、、、となるのは、自分の中に軸がないからなんですね。
自分の中に基準がないから、それが凄いことであっても凄いと認識できないんです。
 
 
もうひとつ例を出すと、例えば$600Kって言われてすぐに高いか低いか分かりますか?
600,000ドルのことです。

では、あなたの年収は$600Kです。って言われても、
日本人なら一度「円」に直しますよね。

こうやって計算してやっと、
600,000 x 110 ≒ 6,600,000
あ、660万円ね!となります。

円にしないと、高いのか低いのか分からないですよね、
円が日本人にとっての「軸」となります。
 
 
サラリーマンでエクセルを触ったことのない人なんて、
ほとんどいないですよね。

けど、使いこなせている人や業務改善が出来る人も世の中にはあまりいないんですよ。
みんなエクセルって難しいもんだって思い込んでいるんですね。
 
 
みんなが「難しい」っていう「軸」を持っているから、
少しエクセルが出来るだけで、この人凄い人だってなって、
簡単に相手に認めて貰うことができます。

一種のハロー効果が働くんです。
(ハロー効果は相手の肩書などにより、評価が変わるという効果です。)
 
 
上記で書いた「英語」や「学歴」って習得、取得するのに、
物凄く時間がかかるじゃないですか。

しかもなかなかその手札を見せる時って少ないですよね。

いきなり、「あなたの学歴はなんですか?」って聞けないですよね。
そんな事を聞いてきたら、例え東大出でも、痛いやつと認定されてしまいますよね。
 
 
けど、エクセルって20時間もあれば基本を習得できますし、
作ったエクセルを周りに提供するだけで、エクセルができることをアピールできるんです。

もし回答例を見ていない人はぜひ見てみて欲しいのですが、
第6問の回答で、かなりの人が周りに良い評価をされているんです。

これは、周りの人がエクセルにより実際の作業軽減が実感できたことと、
上述のハロー効果が働いた相乗効果により、エクセルの製作者に対して、
承認を行った事が関係していると思います。

これって掛けた時間に対するコストパフォーマンスが極めて高いと思いませんか?
 
 
さらに、作ったエクセルにマニュアルを付けてから関係者に送ることで、
配った人に教えることなく、配った人に使ってもらえます。

そうすると、レクチャーする時間も掛かりません。
「承認」を「自動」で行うことができるんです。

さらに、それを複数の項目に対して行います。
すると、周りの見る目って変わってきます。

もちろん周りを承認させるには、メインの仕事である程度結果を出す必要はありますが、
そもそもメイン仕事の効率化を行っているはずなので、メインの仕事のクオリティーは
高い水準で保たれるはずです。
 
 
たかがエクセルだけで…なんか信じられない。と思う人もいるかもしれませんが、
第6問の回答をもう一度見てみてください。
 
 
また、なんかズルくない?と思う人もいるかもしれませんが、
この様に相手や周りがどの様に感じるか、というのは、
周りから承認を得られるまでは、全力で使うべきです。
 
 
承認されている状態で仕事を行うのと、そうでない状態で仕事を行うのは、
全く効率が違います。

ちなみに、人間関係における「承認」については、下記の記事で
詳しく書いたので、また時間のあるときに見て貰えると嬉しいです。

・訪問なしで見込案件が勝手に増える営業の仕組みの構築法
(リンクは最後に貼っておきます)

エクセル上達法

ここまで、エクセルで業務改善することの有益さをこれでもか、と
解説してきましたが、ちょっとやってみても良いかも…という気持ちと、
じゃあ実際どうやって上達させるのか、という気持ちが混在しているかと思います。
 
 
ぼくは、「エクセルを使った業務改善をとりあえず1個やってみる」
という事をオススメします。

だから、エクセルの使い方全然分からないから困っているんだけど、と
いう声が聞こえてきそうですが、これまでエクセルを勉強しても
マスターできなかった人は、この様に考えているのだと思います。

エクセルをマスターしようとして、本を買って、一から全て覚えようとするなら、
目標はエクセルマスターになります。
 
 
しかし別のアンケートで、かなりのエクセル上級者の方から貰った回答を読んでみて欲しいのですが、
「Excelを使用したBIツールのレポート開発でExcelでできることの限界にチャレンジし続けていた時期があり、そこそこできるはずですが、Excelは海のようなもので潜れば潜るほど底が見えないツールですね。」

BIツールのレポート開発が何なのかはぼくには分かりません。
しかし、この方のプロフィールにはSE歴10年以上と記載されていました。
SE10年以上の方でもまだ底が見えないツールを、忙しい仕事の合間に極められますか?

また、極めたいですか?
 
 
つまり、エクセルマスターを目指した時点で、
エクセルは難し過ぎるツールになってしまいます。
 
 
しかし、これならどうでしょうか?

ゴールをたった1つの業務改善にします。
1つの業務ってなんだって良いんです。
ぼくの場合、最初のゴールは一回の入力で3パターンの結果が出る見積書でした。
15分 → 5分程度の短縮です。けど、それで充分です。
 
 
いや、でも関数知らないし…どうやっていいか分からない、という場合は、
まず、「何を改善するか」を決めて下さい。

それから、「データの入力方法」と「出力形式」を決めます。

そして、入力されたデータを出力の形式に関数を使って変換していく
という流れが基本となります。
 
 
一度、入出力まで考えたけど、全く出来る気がしないという方は、
下記を一通り読んで、問題を解いてみて下さい。
エクセル関数を使いこなすのに必要なたった10個のこと
 
 
そして、それが終わったらもう一回、自分のエクセルを改善してみて下さい。

改善に詰まったら、「エクセル 関数 文字の数え方」、「エクセル 関数 文字のつなげ方」
など、詰まった事柄について、検索してみて下さい。結構な割合で見つかります。

ちなみに、関数は覚えなくて良いです。こんな関数あった気がする、で十分です。
何回も使ってれば勝手に覚えますし、そもそも検索で出てくるような物をわざわざ覚える必要はありません。
 
 
ちなみに、上記の10項目の途中でエクセルの改善方法を思いついたら、
エクセルの改善を優先してください。

最優先事項は、「あなたの業務を効率化すること」です。
エクセルをマスターすることではありません。
 
 
10項目の勉強が終わってもまださっぱり分からない場合は、
エクセル中級者のもう一つのきっかけ、
「人に教えてもらう」を実践して下さい。
 
 
ぼくはそこまでエクセルの上級者ではないと思いますが、
おそらく、初めてエクセルで仕組みを作る人が1時間掛かる仕事でも、
5-10分もあればきっと解決できます。
 
 
ぼくらからすると、おそらくですが、あなたの悩みはすでに通った道で、
解法を知っています。なので、遠慮はいりません。
 
 
正直、エクセルを教えてって言われると、えっ何を…。
何時間掛かるんだろう、全部?ちょっと嫌かな。。となりますが、

この業務をこの様に改善したいから、どういう関数(アルゴリズム)を使えばいい?
と聞かれると、クイズ番組みたいなものなので、ぼくなら嬉々として教えます。
(これを簡単にできるようにして、、、と丸投げされると
「お金ください」とやんわり断わりますが笑)
 
 
エクセルを教えてって言われると、ゴールが見えないのは、教える側も同じです。
なので、業務の改善に必要な関数やアルゴリズムを一緒に考えて貰ってください。
 
 
もし周りに聞ける人が誰もいない…となった場合は、
「お問い合わせ」からどのようにしたいかの詳細を入力して、
ぼく宛に送って貰っても構いません。

お気軽にどうぞ、とぼくは思っていますが、かなり勇気がいるとは思うので、
あくまで最終手段と考えて貰えればなー、と思います。

ただ、初心者の人の悩みというのは、ぼくにとっては貴重なので、
見てみたいなーという気もしています。

ついこの間まで初心者だった後輩が、ついにマクロまで組みだしたので、
なかなか初心者の悩みって分からないんですよね。。

まとめ

アンケートの結果で見て貰ったように、
初心者から中級者への壁の乗り越え方は2つしかありません。

「目の前の業務を試行錯誤しながら改善する」
「人に教えてもらう」

これまでエクセルをマスターしようとしていた人は、
なぜエクセルをマスターできなかったのか、理解できたと思います。

>> 中級者以上のエクセル上達法と上達者の見る世界
 
 
小さなことで良いので、目の前の仕事をただ一つ、
エクセルを使って改善してみてください。

どんな業務が改善できるのか、例を貼っておくので、
参考にして下さい。

>> エクセルで作ったことのある業務改善一覧
 
 
また、エクセルで業務改善をすることで、より人間関係において、
非常に有利になることもなんとなく分かったかと思います。

ぼくは、人間関係はすごく簡単に分けると4つの関係性に分けられるのかな、
と思っていて、周りの人には「承認」された状態で仕事は進めたいと思っています。

下記の記事に人間関係の4つの状態について書いていますので、
こちらも参考になるかと思います。

訪問なしで見込案件が勝手に増える営業の仕組みの構築法
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA