エクセル・仕事効率化

特定の文字入ったのセルの個数を数えるCOUNTIF関数

COUNTIF関数は割とよく使う関数です。

下記の形で記述します。
=COUNTIF(範囲,検索条件)

COUNTIF関数で得ることができるのは、「検索条件」と完全に一致した「セル」の個数です。
例えば下記のように、1から100までの数字の中に10が何個あるかを調べることができます。

下記の数式の意味は、D列にある10の数は何個ですか?という意味です。
=COUNTIF(D:D,10)

下記のように記述しても構いません。
D1からD100セルの間のセルに於いて、
10の数は何個ですか、という意味です。
=COUNTIF(D1:D100,10)

また、あいまい検索も行えます。

=COUNTIF(C2:C51,”*か*”)
ふりがなに「か」が含まれている人は何名いますか、という意味の数式です。

=COUNTIF(D:D,”*080-*”)
携帯番号が080から始まる人は何人ですか、という意味です。

ちなみにセル内に含まれる数や文字が何個か数えたいときは
LEN関数とSUBSTITUTE関数を使うと簡単にできます。
こちらの記事を参考にして下さい。
ある文字がセル内に何個含まれるか調べる方法

ぼくはCOUNTIF関数は、VBAマクロと一緒に処理個数のカウントによく使っています。
受注案件の個数を数える際、案件ごとに
異なるコード(Keyナンバー)を使っているので、
COUNTIF単体では計算できません。

そこで、一番上で問題を出したように、
空白の個数を数えることで全体の受注件数を算出しています。

その算出数を元にVBAマクロを使った処理回数を規定しています。

ABOUT ME
カフェインレス
いま日本では、残業するのがアタリマエ。仕事はしんどくて当然。みたいな風潮がありませんか? ぼくには娘がいるのですが、将来、社会に対して暗い気持ちになってしまったらイヤだな、と。 定時で帰るのを当然のこととするために、「本質的な技術」や「小手先のテクニック」を紹介しております。 仕事に慣れたところで、10-20%程度しか仕事は早くなりません。エクセルを学んだり、考え方を変えると90%以上の業務時間が短縮ができる事があります。 仕事って人生で一番時間を使うことなので、その仕事のうちの「作業」だけでも自動化できれば、仕事のクオリティは段違いになります。 あなたの仕事のステップを一段階上げるために。また、毎日にゆとりをもたらすための一助になりたいと思っています。
毎日1時間仕事を短縮するメールマガジン

毎日一時間、仕事時間を短縮できたら何をしますか?

勉強?デート?家族と?副業?休憩?

エクセルで業務を効率化したり、心理学で人間関係を円滑にするだけで、
自分の時間を増やすことができます。

カフェインレスの効率化メルマガ

不要なら1クリックで簡単に解約できます。