printout

エクセルVBAを使った多数の書式に対する自動印刷システムの作り方

自動印刷システムを他書式に応用

こんにちは!仕事効率化コーチのカフェインレスです。
今回は、多数の書式がある場合の自動化印刷システムの作成方法です。

前回は、「データベースを利用」した、「書式が1パターン」の時の自動印刷システムを作成しました。
今回は、「書式が2パターン以上」あるときの自動印刷システムを作成します。

例として、3パターンの書式をランダムに使っている印刷システムを紹介します。
「印刷システム」としていますが、紙でのプリントアウトだけでなく、PDF化やメール、
FAXなどにも応用可能です。

ややこしそうですが、中身を見てみると結構簡単なので、必要であればトライしてみてください。
完成するとすごく時間が短縮できますよ^^

続きを読む

たった7行のVBAで完成する成績表などの自動印刷システムの作り方

自動印刷機

こんにちは!仕事効率化コーチのカフェインレスです。

今回は、例えば中学校の先生をやっていて、生徒全員分の成績表を作る必要があるとき、
1クリックで生徒全員分の成績表を印刷まで完了させるVBAマクロを組む方法を解説します。

この方法を応用すると、成績表だけでなく、データベースがあるものはほとんど一気に印刷できるようになります。
また、実際に記述したVBAのコードを掲載しますが、50枚の印刷に要した行数は7行でした。

たったの7行で50枚の印刷が完了します。
ちなみに、VBA中の50という数字を1,000にすると、1,000枚印刷されます。

今回の場合、データベースがないので51~1,000枚目はエラーになりますが、
データベースがあれば1,000枚正確に印刷されます。

手で頑張ってやる時間の何倍も早いです。
覚えないと損ですね。。
 
 
それでは、解説していきます!

続きを読む