エクセルVBAを使う前の下準備|開発タブの設置と拡張子の設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ready for VBA

こんにちは!カフェインレスです。

今日はエクセルのVBAを使う前に必要なエクセルの設定について解説します。
実はVBAって、何もしないとエクセルのメニューにすら入っていません。

なので、すぐに使えるようにエクセルのメニューにいれてやる必要があります。
このVBAの設定はすごく簡単です。

また、VBAを使う際には、ファイルの拡張子にも気を配る必要があります。

せっかく苦労してVBAを作ったのに、保存の仕方を間違えて、
VBAだけ消えてしまったということは、よくあることです。
ぼくも半年ぐらい前にやらかしました。

地味にげんなりするので、その辺も紹介したいと思っています。

VBAを覚えてしまった日には、社内で圧倒的なパフォーマンスを叩き出せるようになります。
2時間の作業を10分で出来るようになるようなこともザラにあります。

楽しみですね!!

    VBAを操作するには、下記の3点が必要です。

  1. 開発タブの設置
  2. 標準モジュールの挿入
  3. xlsmという保存形式で保存

意味が分からないと思うかもしれませんが、新しい言葉が出てきているだけで、
初めて見る関数を理解するより、よっぽど簡単です。

VBAを使えるようになると世界がものすごく広がります。
さぁ新しい世界の扉を開きましょう!

開発タブの設置方法

VBAの設定方法はエクセルのバージョンによって少しずつ異なります。
手元にあるのが2007と2016ですので、この2つのバージョンで説明したいと思います。

エクセル2007での開発タブの設定方法

エクセル2007の設定方法から解説します。
まずは、オプション画面を開きます。

下記の画面のように、左上のメニュー(officeマーク)をクリックしてから、
Excelのオプションボタンをクリックして下さい。
エクセル2007のオプション画面

次に、[開発]タブをリボンに表示する、というチェックボックスをクリックしてチェックを入れます。
エクセル2007の開発タブ設置方法

[OK]をクリックすると、開発タブが表示されています。
もし表示されていない場合は、エクセルを保存後に再起動して下さい。

開発タブが設置されていると思います。
エクセル2007において開発タブの設置完了

これで、開発タブの設置は完了です。

エクセル2016での開発タブの設定方法

追って追記します。

標準モジュールの挿入

開発タブが表示できたら、次は「標準モジュール」を作成します。
「標準モジュール」ってなんなのかというと、VBAを書く「場」の一つです。

基本的には標準モジュールにVBAを書いていきます。

まずは開発タブから、Visual Basicをクリックします。
VBEの起動方法

すると、Visual Basic Editor(VBE)が起動しますので、
[挿入タブ]から[標準モジュール]をクリックします。
標準モジュールの挿入方法

すると、標準モジュールが挿入されるので、この標準モジュールにVBAを書いていきます。
標準モジュールの設置完了

以上が、標準モジュールの設置方法です。

VBAを含むエクセルの保存の仕方と拡張子の設定方法

最後に拡張子の設定を行います。
拡張子とは、すごくざっくり言うと、ファイルの種類を識別するためのコードで、
すべてのファイルに設定されています。

ファイルの拡張子

上記の場合は、jpeg というのが拡張子です。

ご自身のPCではどのように表示されてますでしょうか?
もし拡張子が表示されていれば、設定は完了です。

最近のPCでは、初期設定では非表示設定になっている事が多いので、
多くの方が、この設定が必要になると思います。

ちなみに、エクセル2003までの拡張子は「xls」、それ以降の拡張子は「xlsx」で、
VBAを含むエクセルの拡張子は、「xlsm」です。

「xlsxファイル」でいくらVBAを書いても、「xlsm形式」で保存しないと、
せっかく書いたVBAは保存されずに消えてしまいます。

ぼくも半年ぐらい前に、あるキャンペーンにおける案内メールの自動化システムを
1-2時間ぐらい掛けて作ったのですが、ファイルの形式を変更せずに保存してしまっていて、
VBAが消えてしまい、VBAだけ書き直す羽目になってしまいました。

地味に精神的なダメージを負ってしまうので、保存形式には気を配りましょう。
 
 
それでは、具体的な方法を解説します。

拡張子の表示方法

拡張子を表示するには、任意のフォルダーを開いて「表示」タブをクリックします。
そして、「ファイル名拡張子」というチェックボックスをクリックします。

拡張子の表示方法

これで、ファイルの拡張子が表示されるようになりました。

VBAを含むファイルの保存方法

標準モジュールを挿入したら、そのエクセルはVBAを含むファイルとして保存しなければなりません。
保存をせずにVBAデータが消えてしまったらくじけそうになるので、
VBAで標準モジュールを設置したらすぐに、xlsm形式で保存し直すことをオススメします。

xlsm形式で保存する方法は簡単です。
まず、左上のメニュー(officeマーク)をクリックし、名前をつけて保存 → Excel マクロ有効ブック(M)をクリックします。
xlsm形式で保存する方法

ファイルの拡張子が.xlsmになっている事を確認して保存して下さい。
ファイル名の確認と保存

xlsm形式で保存が完了すると、xlsxとxlsm形式の2つのファイルが作成されます。
xlsm形式ファイル作成後

xlsx形式はもう使わないですし、間違えてこちらでVBAを書いてしまったら面倒なので削除して下さい。

また、もし拡張子が表示されていないと、xlsm形式を判別するのが難しいので、
拡張子は必ず表示するようにしておいて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA